年末年始のおっぱいトラブル予防方法

おっぱい育児中のママさん毎日お疲れ様です
今日はクリスマスイヴ、そしてそのあとにはお正月がやってきます

年末年始の忙しい時期はおっぱいトラブルが多くなりがちです
胸が痛かったり、しこりができたり、悪化すると高熱が出て乳腺炎になったりします
ひどくなると病院で切開などの処置になることもあるので、できる限り予防していきたいですね

年末年始は、
お出かけの機会が増えたり
ご馳走を前に暴飲暴食になったり
周りに親戚やお客さんも多く授乳のタイミングを逃したり
色々と気を使う事も多かったりでストレスを感じやすい時期です

そんな色々な原因が重なり
おっぱいの張りが強くなったり
もともと細かった流れの悪い乳腺が詰まってしまう事があります

予防法として
あまり予定を詰め込み過ぎないよう心がける
食事はよく噛んでゆっくり食べる
授乳後、次は何時頃になりそうか予測をしその時間には授乳を心がける
気疲れしそうな場にはできる限り長居しない
苦手な親族とはあまり関わらない

この時期のおすすめ
ケーキなど高カロリーの食べ物をどうしても食べたいとき
夜は味見程度で我慢する
そして翌日午前中の早いうちに食べてその後の食事はカロリー控えめにする
私は、心配なとき血液サラサラにする系の食材を摂ってみたりもしました

それでも
おっぱいに違和感など感じ始めた場合
1番心がけてもらいたいのは赤ちゃんにしっかり飲んでもらう事です
授乳間隔はいつもより短めにして頻回に飲んでもらいましょう

そして暖かくしてゆっくり過ごしましょう
「三首冷やすな」という言葉もあります
首、手首、足首にウォーマーなどつけて温めてください

食事は胃腸に優しいものをとりましょう
特におすすめなのはお味噌汁です
私もおっぱいの調子が悪い時、3食お味噌汁を摂ると酷くなりにくかったです
いちいち作るのが面倒な場合、レトルトでもいいので摂る方がといいと先生から教わった事もあります

おっぱいが熱を持っていたり赤くなっているところがあれば
濡れタオルなどでゆるやかに冷やしましょう
クールパックなどは、冷やしすぎで母乳の分泌が悪くなることがあるので避けてください

ワイヤー入りのブラではなく、ゆったりした下着を着けましょう
圧迫されて血流が悪くなることもおっぱいトラブルの原因になります
体のコリも同様です

様子を見ても改善が見られなかったり、酷くなるようでしたら
ぜひご相談下さいね
乳房の状況を確認しながら様々な角度から改善方法をアドバイスさせていただきます

また、産後整体の後はおっぱいの調子がいいと多くの方が言ってくださいます
体が重くなってきたときは産後整体をご用命ください

おっぱいのこと・ご自身の体の不調・育児のこと
1人で悩まずなんでもご相談くださいね

それでは
素敵なクリスマスをお過ごしください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です